カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    大先生方のありがたいCD 

    2010/09/27 03:31/Mon | ★独断と偏見で音楽を語る@ | CM(0) | TB(0)
    辛抱たまんなくて買っちまいました。



    入院がたたり、しばらくは家計が厳しい状況なのですが、
    どうにもこうにも我慢できませんでした。


    ルービンシュタインのSP時代のショパン5枚組、彼は三回録音してますが、一番最初の録音です。

    K3200009.jpg

    それから、グルダのライブ盤、ノンストップ。

    K3200010.jpg

    どちらも別の時期の録音は持っていましたが、ついに本命を買っちまったい。


    それから、実はこれがメインだったのですが、フランソワの全集(な、なんと貴重なライブ録音も含め36枚組。ジャズの演奏も入っている!!!)を予約しちゃった。

    もう、持ってけ、ドロボーって感じの大判振る舞い。


    で、そのフランソワのバラ4です。



    本当は私の神様ルドルフ・ゼルキンも何枚か欲しいのがありましたが、サイフと慎重に協議を重ねた結果、断腸の思いで(腸が閉塞して入院したのだが…)今回は見送り。


    神様ゼルキンは別格として、初期と晩年のルービンシュタインと晩年のグルダの演奏が私は大好き。

    どちらのCDも私が一生弾こうと思っている曲が入っており、帰宅後、さっそく楽譜を見ながら拝聴。

    ルービンシュタインは有名なステレオ盤の客観的で端正な演奏とは違い、
    主観的でテンポの緩急が激しく、直情的でドラマチックな演奏。
    聴いてて血管がブチ切れそうになりました
    こいつぁロックだいっっ

    グルダの自作自演は、私の持っている録音や楽譜と音符自体が違っており、自由なアドリブのようでした
    ジャズ入ってますっっ


    どちらも、いわゆる世間一般の「お上品で癒し系のクラッシック」のイメージからは程遠い演奏。

    でも、アタシャこういう血の通った演奏が好きだねぇ。


    こういう先生方の個性的な演奏を聴いておくと、自分がピアノを弾く時に自由になれます。

    良くも悪くも自分でいられる勇気をもらえます。


    「こちとら社会生活でシンドイ思いしてんだ、せめて音楽では自分を解放してあげないとヤル意味まったく無し。」
    と感じてしまうアタシの背中を頼もしい先生方が強く押してくださるワケでして。


    大袈裟に言うと「自分の業を肯定していただいている」ような、ありがたい心持ちになるワケでして。


    神様ゼルキン大先生やパデレフスキー大師匠の域になると、落語の「志ん生」みたく、ミスですら感動につながってしまう面白さです。


    団志が「落語は業の肯定である」って言ってましたが、人生の普遍性に触れている表現ジャンルは全て「業の肯定」の要素は入っていると感じてしまいます。

    だって人間は不完全で「きれいごと」だけじゃ生きていけないもん。

    仏教的に言うと、生きてること自体、食のために他の生物を殺生している業だから。





    とまぁ、理屈はどうでも良いのですが、
    平たく言って、ヨースルにピアノは素の自分で楽しみたいワケですナ。

    単なるピアノ道楽でした。(笑)






    まぁ、今回は自分から自分への退院祝のご褒美ということにしておいて…


    あぁ、でも来月の請求が怖い。









    思い出   滝廉太郎 遺作ニ短調 

    2010/07/05 00:35/Mon | ★独断と偏見で音楽を語る@ | CM(0) | TB(0)
    9歳の時、NHKの特番で滝廉太郎を扱ったものがあり、その番組の最後に流れたのがこのピアノ独奏曲。

    もの凄い衝撃が走り、ピアノも弾けないのに、すぐに楽譜を購入。

    3パターンの楽譜が出回っていることに気がつく。


    滝が死の床で書いた、文字通り「白鳥の歌」。

    当時の法律で結核患者の所持品はすべて焼却することになっていたため、
    他にも死の床で執筆した曲はあったが、すべて焼かれて廃棄された。

    ただ、臨終の時に枕元にあったこの曲だけは遺族が隠し、焼却を免れることができた。


    作曲中のスケッチ的な未完成の曲で、最終的な筆を入れる前に絶命したのでは?
    と子供ながらに推理。


    その謎めいた雰囲気もあり、ますますこの曲に魅かれていった。


    ニ短調で始まり、中間部はヘ長調を経過しハ長調(7thの響き)をへてハ短調へ。

    ニ短調の主題に戻り、コーダは中間部の変奏。

    大胆なディミニッシュのオクターブの連打に続き、重厚な和音でフィニッシュ。

    まさに生(ハ)と死(ニ)の狭間を走り抜けるドラマティックな音楽。


    日本的な主題でありながら、しっかりとした和声進行と形式で作られている。

    和音の響きに対する感覚が素晴らしい。


    父の音楽教育の師だった音楽評論家の故・園部三郎氏がウチに遊びに来た時、まだ子供だった私は

    「おじさん、この曲知ってる?」と質問。

    園部氏は優しく答える。

    「もちろん知ってるよ。素敵な曲だね。」

    「僕はこの曲は未完成だと思うんだけど?」

    「おじさんも、その可能性はとても高いと思うよ。坊やだったらどんな風に完成させるのかな?」


    この園部三郎氏との会話がきっかけとなり、以来、この曲との長い付き合いが始まり、作曲・アレンジや、ピアノに接するようになったのである。


    何度も作り直しながら、昨年、やっと納得のいく形に辿り着き、19thで演奏。


    「滝廉太郎が生きていたら、どんな風に完成させ、どんな風に演奏したのだろうか?」

    この命題は、永遠の謎であり、ロマンである。


    ライフワークとして、今後もこの曲には、自分なりに真剣に向かいあっていきたいと思っている。










    Faure/Fiorentino Apres un reve 

    2010/06/12 23:35/Sat | ★独断と偏見で音楽を語る@ | CM(0) | TB(0)

    セルジオ・フィオレンティーノ編曲 フォーレ歌曲「夢のあとに」ピアノ独奏版。

    私が現在ハマリまくっている曲です。

    「こんな曲ないかな?」とイメージしていたモノにビッタシはまりました。

    どストライクで、一聴き惚れです。

    原曲を超えて、完全にピアノ独奏曲として成立している名編曲だと思います。

    残念ながら、手を尽くして探しておりますが、楽譜が見つかりません。


    「弾きたい、弾きたい、弾きたい、弾きたい、弾きたい、弾きたい、弾きたい、弾きたい!!!」

    と、頭の中が「弾きたい」で一杯状態です。

    対位法的で複雑な伴奏と甘美な旋律のカラミがたまりません。

    3分間に人生のすべての喜怒哀楽のエッセンスが、さりげなく入っているような曲。

    一生に一度出会えるかってぐらい、惚れ込んでおります。

    毎晩、寝る前に「フィオレンティーナ!!!」と三回唱えてから寝るようにしております。

    念力で楽譜を手繰り寄せるつもりでございます。




    ≪New Entries xx HOME xx
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。