カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    行ってきました!ツィマーマン@サントリーホール 

    2010/06/11 10:22/Fri | ★コンサート行ってきます、行ってきました!! | CM(3) | TB(0)
    ツィマーマンが日本にやってきた!すごかった!というニュースをmixiのマイミクさんから聞いたので、ネットで曲目を見たところ、私のお気に入りがぞろぞろ揃っていました。気が付いたらチケットぴあの6/10サントリーホールをぽちっとなしていました。

    サントリーホールは六本木にあるんですが、そんな洒落た場所ほとんど近寄らない田舎者の私には、街を歩くだけで疲れるちゅうか好奇心がわくちゅうか。気がついたらプチ迷子になっていました。ホールについても、ロビーのシャンデリアやら造作に目がいって、完全におのぼりさん状態。始まる前に相当気遅れしてしまいました。



    読売オンラインの写真付きサイト
    イベント公式サイト


    超一流のアーティストは皆、いるだけで存在感があるものなんでしょうか。ツィマーマンからは強烈な白?太陽のコロナのような銀色とも虹色ともつかない強いオーラが全方位に放たれていました。後ろ姿からもオーラが出ていました。

    左手をマイスタインウェイにかけて、丁寧に45度のお辞儀を5秒間。サントリーホールの舞台向こうの座席エリアにも会釈。これだけで、もう妙な魔法にかかったよう。まだ曲始ってないのに。



    <前半>
     ・ショパン:ノクターン第5番
     ・ショパン:ピアノ・ソナタ第2番「葬送」
     ・ショパン:スケルツォ第2番

    <後半>
     ・ショパン:バラード第4番
     ・ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番

    <アンコール>
     ・ショパン ワルツ第7番



    曲順的にはいい感じですね。出だしは軽~くさらっと。
    2番目で少し抑えつつ雰囲気を作り・・・
    前半の締めは華麗に!
    後半はほわっと物語的に惹き込んで・・・
    ガツーンと分厚いメインディッシュで締める!!
    いいですね~。
    曲順てほんとに大切なんですよ。やたら重いのが続いたり軽いのが続くとぜーったい飽きて疲れます。年末紅白歌合戦の曲順も同じですね。




    ・ショパン:ノクターン第5番 嬰ヘ長調 Op.15-2
    ある意味この曲が一番よかったかもしれないです。全体を通してホールの残響がとにかくすごくて・・・激しい曲は音が濁りがちだったです。私の座席の位置が良くなかったのかもしれませんが(1階10列の左の方)・・・1音1音が綺麗に響いていた、という意味では、一番雰囲気に癒された演目でした。ソフトペダル踏んで小さい音を速いパッセージでしゅるしゅるっと転がすんですよこの人。なんか、ピアノの音ではないみたい。不思議です。




    ・ショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 Op.35 「葬送」
    私は第一楽章が好きなんですが、強弱のダイナミックレンジの広い演奏でした。どこまで小さい音を出すのだろう、どこまで大きい音が出るんだろう。すごい迫力でした。難を言えばやはり残響がすごくて、激しいところは濁りがちだったこと。

    この曲聴くと、なぜか馬に乗ってる自分がいるんですよね。リズムがパッパカパッパカしてるせいでしょうか。ああしまった。このネタは「妄想の森」で出す予定だったのに。まあいいや、だぶっても。




    ・ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 Op.31
    こ~の曲も大好きな曲なんです。こんないい曲なかなかないですよね。聴いていると、私の頭の中で、プリマになれないちょっと寂しいバレエダンサーが踊り始めました。そのあたりはしっとりゆっくり。でも途中から徐々にダンサーがノッてきて、いい感じにスピードアップ。最後の辺りはもう、カツァリスの1.5倍くらいの怒涛の勢い。(あ、カツァリスも好きですよ私は)曲の雰囲気的に、ここはぐっと加速してほしいと思う所で、ありえない速度で加速してくれる。最高です。Bravo!が出ました。




    ・ショパン:バラード第4番 ヘ短調 Op.52
    私がこの世で一番好きなピアノ独奏曲です。学生時代に惚れた女の子が弾いてました。まあそれはいいとして。
    緩急の激しい、てんこ盛りの曲ですよね。で、激しいところはやっぱり残響がすごくて・・・う~んって感じでした。でも、ひとつとても印象深かったのは、楽譜56小節目、右手でソ♭が単音で響くところ。その1音が妙に長~く響きました。7秒くらいでしょうか。ぴーんと、つーんと、サントリーホールの天井に、音が伸びて広がって行ったような気がする、不思議な1音でした。こういう1音を出したいなあと思いましたよ。




    ・ショパン:ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58
    ソナタ3番もいいですねえ。1楽章と終楽章大好きです。ここではツィマーマン、あまりペダルを使いませんでした。響きがちゃんとダブらず綺麗に出ていて、小気味よい感じです。第四楽章、楽譜持ってないんで小節番号わからないけど、じゃーん、じゃーん、じゃじゃじゃじゃっ、ジャジャーン、の後に右手がちゅるるるるるるるると降りて来るところあるじゃないですか。あそこソフトペダル踏んでるのかな、またしゅるるるっと不思議な音が出るんですよ。ハッとしましたね。




    アンコール:ショパン ワルツ第7番
    あまりにメインディッシュが素晴らしすぎて、印象に残っていないのですが、アンコールはそれくらいがいいのかも。



    終わった後は放心状態。なんちゅうか、聴く方も集中するんで、けっこう疲れますよね。聴いてる間は気がつかないんですが、終わった後でどーんと倦怠が襲ってきます。アークヒルズの中庭みたいなところにビヤガーデンがあったんで寄りたかったんですが、高いし一人で飲んでもなんなんで、そのまま帰って来ました。帰りの道すがら、ずーっとバラード4番とソナタ3番が頭の中でエンドレスだったことは言うまでもありません。


    でも、ちょっと思ったのは、ツィマーマンはマイピアノを持ち歩くくらい完成度に気を使う人なのですから、ホールの残響で音が濁るなんてのは、本人にとっては納得いかないことなんじゃないのかなあ。

    というわけで、今度は別のホールで彼の本当の姿を見て見たいなあと思うのでありました。おしまい。


    P.S
    プログラムが500円で売られていました。プログラムってお金出して買うものだったっけ??でもまわりの人たちは500円って安いねえ、と呟いていました。



    ユング

    スポンサーサイト


    Comments
    よかコンサートだったばい。(楽しかったみたいで良かったですね)
    ピアノソナタ第3番は私が一番好きで人生の中で絶対に弾きたい曲です。
    特に終楽章が大好きで、特にエフゲニ・ザラフィアンツの演奏最高ですよ。
    今度聴いてください。

    終楽章は気合いを入れたいときにリピートで何回も聞いて気合いを入れます。
    あとQUEENのWe Will Rock Youも。
    このどちらかで気合い入ります。

    サントリーホールはピアノソロにはちょっと大きなホールのような気がします。
    残響まで考えて弾くのは至難の業ですよね。

    でも感動の嵐だったみたいで良かったです。
    by. RaRa | 2010.06.11 (21:30) | URL | EDIT
    のだめ実家モードですか?
    さっそくお借りしたザラフィアンツを聴いてみました。

    びっくりするくらいゆったりなんですね!こんな3番は初めて聴いたですよ。全然違う曲になってる。左と右がずれるってのも納得。

    私がこの曲に持ってたイメージは、乙女ちっくでなんちゅうか、ちょっと少女漫画みたいな感じなんですが、こうゆったり弾くと、もっと内向的というか、自分の内なるなにかと向き合ってるような感じがしますね。て、なに言ってるかわけわかりませんね・・・

    いや~、バラエティってのは面白いですねえ!私も3番がどんどん好きになって来ましたよ。
    by. ユング | 2010.06.12 (23:22) | URL | EDIT
    Re: のだめ実家モードですか?
    3番が乙女チックっていうのに笑わせていただきました。
    どの方の演奏なんでしょう?

    あの曲は私にとっては元気をくれる曲だったので、いろんなとらえ方があるんだと、それが面白くて。
    どんどんはまっていきますね。
    by. RaRa | 2010.06.20 (08:42) | URL | EDIT

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。