カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    19th Club アコースティックライブ in守谷 レポートパート1 つづき(2008.07.21) 

    2009/09/01 11:20/Tue | ★19th CLUB 守谷 | CM(0) | TB(0)
    つづき



    4.KM君  杉本竜一=ビリーブ

    ここからソロです。
    ポップス系のバラードをそつなく素直に最後まで演奏。
    よく練習していると思う。 来年の演奏が楽しみです。
    個人的には男の子にはちゃんと続けてうまくなっていって欲しいです。
    もっと男性の多いライブにしたい。 がんばれ男子!!!

    逕サ蜒・012_convert_20090901112230



    5.HOちゃん ソニー・パーク=「わんわん物語」より ララ・ルー

    良質のポップスです。
    よくできた曲でアレンジもよく考えられている。
    きっちりと練習された、しっかりとした丁寧な演奏ぶり。
    ちゃんと毎日練習してんだろうな。 お上手でした。

    逕サ蜒・013_convert_20090901112311



    6.KIさん ギロック=エオリアン・ハープ

    とにもかくにも、70歳を過ぎてピアノを始める行動力とライブに出演なさる勇気に感服です。
    止まらずに最後まで完走。
    自分も、何歳になってもトライし続けたいと素直に思いました。
    来年も是非、出演していただきたいです。




    7.chako-pさん  ベートーヴェン=ピアノソナタ第17番 テンペスト

    ピアノテクニカ氏曰く「癒し系ベートーヴェン」。
    テンポがぶれようが、ミスがあろうが、音楽は止まらずに進んで行くし、まったく気にならない。
    軟体動物のように伸び縮みしながら、つながっていく感じ。
    これはマネできません。 普通、止まってしまいます。
    ルーズなのか、個性なのか???
    でも、彼女の場合、個性的っていえるんじゃないのでしょうか?
    とっても面白かった!(褒め言葉です)
    沖縄人の南国ベートーヴェンか?!

    逕サ蜒・014_convert_20090901112335



    8.HMちゃん ブルグミュラー=清らかな小川
             クレメンティ=ソナチネOp36-1第一楽章


    しっかりとしたタッチで、きっちり演奏してくださいました。
    よく練習されていると思います。
    ソナチネは大人が弾いても勉強になりそうなよくできた曲。
    しかし、こんないい曲だったっけ? 弾いてみたくなりました。

    逕サ蜒・015_convert_20090901112416


    9.ちゃぴーさん ショパン=ポロネーズ第3番「軍隊」

    冒頭はかなり緊張なさっていたご様子。
    それでも、止まらずに演奏を続け、だんだんエンジンがかかり後半は素晴らしかったです。
    ゆったり、ほんわか、癒し系ショパンでした。
    また、いつかこの曲で出演してください。

    逕サ蜒・016_convert_20090901112442


    10.MOちゃん  ショパン=幻想即興曲

    「この曲を弾きたい」って気持ちがビシビシ伝わってくる、堂々とした演奏でした。
    「この子はピアノを一生続けてくれるな」って直感しました。
    最後まで楽しんで拝聴。  しっかり、Aプロをしめてくれました。

    逕サ蜒・017_convert_20090901112509



    ここで休憩10分。  お茶とお菓子でブレイク。
    そしてBプロへ。                     パート2へ続く
    スポンサーサイト


    Comments

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。