カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポーツ医学から学ぶピアノトレーニングⅢ by裕木七瀬 

    2011/05/25 15:09/Wed | ★ワークブック掲示板(解説・感想・質疑応答)by裕木七瀬  | CM(0) | TB(0)
    スポーツ医学から学ぶピアノトレーニングⅢ(運動のバランス)


    ピアノを弾く時の運動は指を下に降ろすものばかりです。

    これは知人のスポーツ・トレーナーから聞いたのですが、ピアニストが指を傷める場合、一方向(指を下げる)ばかりに筋肉を使用することが要因として大きいそうです。

    ですから逆に指を上にあげる逆方向の運動を練習に取り入れるといいそうです。

    ギックリ腰は腹筋と背筋の筋力のバランスが悪くなり起きます。

    ピアノの場合「下ろす筋肉」と「上げる筋肉」のバランスがとりづらく、どうしても「下ろす筋肉」を集中的に使用してしまいます。

    バランスが悪くなると筋肉はちゃんと機能しなくなるのです。

    超回復、ストレッチ、マッサージ、逆方向への運動、これらを効率良く練習に取り入れると筋肉を傷めることなく、ピアノ向きの筋肉を手に入れることができるでしょう。

    ちなみにコルトー・メソッドには「毎日するトレーニング」としてこの4つのための運動が書かれています。

    また、②でも触れたコルトーの流れをくむマグダ・タリアフェロ女史(筋肉を痛め引退したピアニストを復帰させた名教師)も自著の中でこの4つについて重要性と方法について触れています。

    (興味を持たれた方は、筑摩書房「ピアニストへの基礎」田村安佐子著、全音楽譜出版「コルトーのピアノメトード」を参照してください。)



    ピアノのテクニックは大きく分けて
    ①トリル
    ②音階
    ③分散和音
    ④オクターブ・和音
    以上の四つに分かれます。

    ④オクターブは指の形を維持するための筋力が必要です。
    対して①のトリルは柔軟な筋肉で細かい動きが必要です。
    ②の音階はトリルが指を変えて移動していくと考えれば良いでしょう。
    ③の分散和音は形を維持したままで指を動かす必要があります。

    演奏中の筋肉の状態は①が柔④が剛で②③は複合的です。

    つまり、ピアノを弾くということはパッセージによって違った筋肉の使い方をおこなっているのです。

    練習で、これらの要素が偏ると効率が悪くなったり、筋肉を傷めたりします。

    例えば、手を固める和音オクターブ系の練習ばかりすると、音階やトリルに向かない筋肉がついてしまい、モーツァルト等は弾きにくくなります。

    また、一曲の中でも「今どういう筋肉の使い方をすべきなのか」を意識するだけで練習の効率はかなり変わってきます。

    フレーズ単位で区切っての練習だけでなく、技術(筋肉の使い方)単位で区切って練習することも大切でしょう。


    バランスの良い練習メニューと、筋肉を意識した練習内容は肉体が介在している以上、スポーツと同様に重要なのです。
    スポンサーサイト


    Comments

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。