カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    平成20年4月19日、第一回「19thCLUBアコースティックライブ・イン沖縄」レポートパート2(2008.05.05) 

    2009/08/19 23:03/Wed | ★19th CLUB 沖縄 | CM(0) | TB(0)
    Proguram B

    ①ピアノ弾き語り   Y・K氏
    ・帰れソレントへ

    まず、その美声にビックリ
    きれいなテノールである
    本格的に声楽を勉強した方と思われる。
    ゆったりと自分の間で、朗らかに、おおらかに表現。
    個性的で素敵な演奏に会場も盛り上がる。

    ②ピアノ・ソロ    M・Y女史
    ・バッハ   「主よ人の望みの喜びを」

    お年を召されてからピアノを始められたM・Y女史。
    一生懸命、一音づつ丁寧で誠実な演奏。
    「ピアノが弾きたい」という気持ちが伝わってくる。
    「がんばれ!」心の中で応援しながら最後まで聴く。

    ③ピアノ・ソロ    chako-pさん
    ・ベートーヴェン 「テンペスト終楽章」

    chako-pさんの登場。
    初見が苦手で覚えるのも苦手な彼女が暗譜しての演奏。
    それだけで「エライ」と素直に感じ入る。
    一人で東京から沖縄に戻り、練習し、コンサートを主催。
    ほんとに頭が下がる思いで聴く。
    集中力もあり、随所に彼女らしい「可愛らしさ」のある演奏。

    ④独唱        H・K氏 (伴奏S・S先生)
    ・千の風にのって
    ・朧月夜~祈り

    chako-pさんが現在ピアノを習っているS・S先生が伴奏で登場。
    繊細で美しい音を聴かせてくれる。
    H・K氏は声量があり、リズム感が良い。
    お人柄がにじみ出た誠実な演奏。

    ⑤ピアノ・ソロ    ZERKIN=S
    ・フォーレ  「シチリアーノ」
    ・プーランク 「前奏曲15番」

    小生の演奏。
    シチリアーノは緊張感も集中力もなく散漫、感情が乗らず、ただ手を動かし、エンジンがかかる前に演奏終了。
    はっきりいって全然良くない演奏。
    「これはヤバイ」
    危機感から、やっとエンジンがかかり、前奏曲15は気合ハメて弾けました。

    ⑥ピアノ・ソロ    シマネコさん
    ・ショパン  「軍隊ポロネーズ」
    ・ショパン  「ワルツ3番」

    続いてシマネコさんの登場。
    いつもの明るい音色とダイナミックなフォルテは健在。
    シマネコさんの「良さ」は充分出ていたが、今一つ不完全燃焼?
    会場の反応はとても良かったが、本人は反省しきり。
    シマネコさん、お互い次につなげましょう!!!

    ⑦合唱        伴奏S・S先生
    ・花
    ・朧月夜

    最後は会場の皆さんも一緒に合唱。8分音符-x2Beamed*Grape(白い背景用) †SbWebs†
    東京のコンサートでは、恥ずかしがって、観客はあまり歌わないものだが、
    沖縄の皆さんは全員が普通に参加。
    皆さんで楽しく歌う。
    本当に沖縄の方達は音楽が日常的に好きなんだなと、あらためて思う。



    大盛況のうちにコンサートは終了。

    そのまま会場で打ち上げに入りました。

    お酒も入りビール、すすめられるままに、シマネコさんと交代でピアノを弾きまくる。

    はては、クイーンやビートルズまでも弾く始末。


    小生は本番で弾こうか最後まで迷った「滝廉太郎の遺作」も演奏。

    予想外に受けた為、「本番で弾けば良かった」と軽くヘコむ。


    酔ぱらって弾いたシマネコさんのマズルカが、とてもイイ演奏で驚く。


    酔いの回った小生はベートーヴェンと滝廉太郎について熱く語りまくったそうです。
    (要はタチの悪い酔っ払いです)


    翌日、ホテル横のスパで入浴。 たっぷり汗を流し二日酔いを覚まして、中村家(沖縄の280年前の建物)へ。

    古の沖縄に思いをはせた後、空港へ。



    とにもかくにも、沖縄の方達は生活の中に普通に音楽が溶け込んでいて、皆さん音楽好き。

    フレンドリーで音に対して自然で素直。

    会場作り、照明、料理、絵画、大正琴、声楽、ピアノ。

    沖縄らしい素敵なチャンプルーコンサートでした。

    また、参加したいなって思っております。


    次回は11月に開催予定だそうです。

    海も空もきれいで、ゆったり大らか。砂浜

    皆さんも次回は観光も兼ねて是非参加してみてください。
    スポンサーサイト


    Comments

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。