カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    町オケのブラームスにBravo! 

    2010/12/06 23:38/Mon | ★コンサート行ってきます、行ってきました!! | CM(1) | TB(0)
    12月5日、RaRaピアノ教室のクリスマス会が終わった後、
    地元のオーケストラ「守谷アンサンブルオーケストラ」の定期演奏会にでかけてきました。

    http://orchestra.musicinfo.co.jp/~meo/contents02.html



    当日は抜けるような快晴。コンサート日和(?)でした。ぎりぎり間に合いホールの中へ。
    なんと大入り満員。小さな息子と娘を連れていたので、立ち見は嫌だなと思っていたら、
    最前列が3席あいていたのでそこへ。わー、チェロが目の前。こんな近くで見るのは初めてです。



    1曲目はヘンデル。私は聴いたことない曲だと思っていましたが、もしかしたらあるかも。
    なんとなく聞き覚えがあるような。優しい曲です。あまりに優しいので、
    息子と娘は寝てしまいました(笑)


    2曲目は有名なグリーグのペール・ギュント。私もあの有名なやつしか知らなかったのですが、
    他の曲もとても瑞々しくて気に入りました。もともと私は北欧が大好きで(行ったことないけど!)、
    ひんやりと涼しい風を感じました。




    休憩をはさんでいよいよ後半はブラームスです。交響曲1番。

    のだめカンタービレでも使われた曲なので、知っている人多いかもしれませんが、
    私の母も大好きな曲で、小さい頃からよくカラヤンのLPレコード聴かされていたので、
    私もこの曲は交響曲の中で一番好きな曲です。すごく楽しみにしていました。

    素晴らしい!素晴らしかった!!!

    1楽章の始まり、ティンパニーの

    「ドン ドン ドン ドン」

    という響きに、ああこれから厳しい戦いが始まるのだ、という覚悟を求めるような、
    ぴしっと引き締まる気持ちに。

    2楽章、3楽章と進み、終楽章の、あの、ふっと長調に転調する瞬間。

    音楽ってみんなそうだと思うけど、曲の表情の変遷、変わりゆくその瞬間瞬間が感動なんですよね。
    ハッとさせられる、背筋がゾクゾクする。この曲のこの個所は、
    苦しい道を進んできて、ふと視界がひらけて遠くまで広がるパノラマを前にして、
    ああ、ここまで来てよかった、頑張ってよかった、生きてきてよかった、
    と思えるような、そんな瞬間なのです。

    そして終盤にかけてはもう頂上を目指してどんどん登っていきます。
    高揚感が高まり、最後のクライマックス。聴いていて、涙が出そうになりました。出たかも。

    終わった瞬間、自然に口が

    「ブラボー!」

    と叫んでいました。そしたら、2つ隣に座ってたおっさんも同じように叫んでいました。

    生演奏、最高です。朝比奈やカラヤンのCDを家で聴いて、いいなあと思うけれど、
    それよりも町オケの生のほうが、心に響くレンジは広く大きく強烈でした。
    生最高!!!




    鳴りやまぬ拍手にこたえてのアンコールは、クリスマス前の時期に味な選曲、リロイ・アンダーソンの「そりすべり」でした。



    これまた私の大好きな曲!「シンコペーテッド・クロック」もいいですが、
    この人の曲の軽妙で自然の風が吹き人のぬくもりを感じるあたりが、私にはもろツボです。
    これも生で聴くと、まさに自然そのもの、風が吹いて、街路樹の木々が揺れて、
    行きかう人たちの楽しい笑い声が聞こえる。
    ウッドブロックとかのパーカッションが面白いですよね。なんでしょう、木の板を叩いているのでしょうか、パチーン!って。
    あれ、やってみたいなと思いました。子供たちがああいう楽器に触れるようなイベント、ないかなあ。


    もう1曲やってくれないかなと思い、拍手が続きましたが、残念ながらこれでおしまい。
    いやー、これで無料ってのは、なんてお得というか申し訳ないというか、
    なんか差し入れ置いていこうかと思うくらいに素晴らしい舞台でした。

    ほんと、生最高です。これからも守谷アンサンブルを応援していこう。また次の演奏会にも足運ぼう。
    町オケに乾杯!!Bravo!!!!

    ※少々酔いながら書いています。ところどころ意味不明かも(笑)
    スポンサーサイト


    Comments
    「守谷アンサンブルオーケストラ第12回定期演奏会」のお知らせ
    大変ご無沙汰しております。

    東日本大震災では、津波による未曾有の大きな被災をされた太平洋沿岸の被災地の皆様には謹んで哀悼の意を表しますとともに、その後も治まる気配を見せない多発する余震や、原発事故の不安を抱え、多くの皆様が苦悩と向き合っていることは本当に辛いことですね。 

    私達守谷オーケストラでも、週末の夜間の練習会場が使用できず、大変大きな制約を受けておりますが、東北各県の皆様に是非前向きな気持ちを取り戻して頂くためにも、この困難の中でコンサートを開くことが私たち自身も含めて大きな勇気を持てるのではないかと思い、第12回定期演奏会を開催することに致しました。 

    演奏会では義援の募金箱をご用意し、皆様のお気持ちを被災地にお届け出来ますよう、気持ちを込めた演奏をしたいと存じます。 皆様お誘い合わせの上、是非ご来場賜りますよう、団員一同心よりお願い申し上げます。

    尚、大きな余震に備えて、演奏の中断他、ご来場の
    皆様にも安全上の理由から、ご協力を頂くかと思いますが、予めご了承賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

    http://orchestra.musicinfo.co.jp/~meo/contents02.html

    2011年5月22日(日) 
    第12回定期演奏会 
    守谷市中央公民館 (決行です!)

    G. ロッシーニ作曲:歌劇”セビリャの理髪師”序曲

    J. シベリウス作曲:”カレリア”組曲

    W.A. モーツァルト作曲:交響曲第41番ハ長調“ジュピター”

       指揮 河野 肇

       開場 13:30 開演 14:00

       入場無料です
    問い合わせ 守谷アンサンブルオーケストラ事務局 0297-45-2933 相馬

    by. Alex103Krsp | 2011.04.20 (19:34) | URL | EDIT

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。