カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    RaRaピアノ教室クリスマス会 ユングの自分を棚上げレポート! 

    2010/12/06 15:48/Mon | ★ララピアノ教室最近の活動 | CM(8) | TB(0)
    サル12月5日、うちの息子と娘が通うRaRaピアノ教室でのクリスマス会演奏会がありました。

    当日はとても天気が良くて、朝から少し寒いめ。ピアノ弾くのに寒さは敵で、指がかじかんだら本番もクソもないので、私は朝からストーブがんがんたいてカイロ握ってさらに手袋をしていました。

    ありがたくも早めに着いたらリハの時間が取れたので、簡単にリハーサル。この国際交流センタのグランドピアノはほんとに素直なタッチで、私個人的には大好きです。このピアノにとても助けられるような気がします。

    さて、演奏会は自分が弾く楽しみももちろんありますが、他の人の演奏の色を楽しむというのも、実際とても面白いものです。というわけで、自分の演奏のダメダメちゃんは棚に上げて、勝手に寸評を書きます!


    ●連弾の部

    1. T.Nくん ドレミの歌
     Tくんとパパとの連弾です。Tくんのパートは右手と左手が交互に出てくるやじろべえのような旋律。
     この歳でちゃんとこういうのが弾けることにちょっと驚きです。
     なお、地味なベースパートですが、パパさんかなり上達しています。

    2. S.Mちゃん ミッキーマウスマーチ
     ユング一家総出演でした。ユング娘が高音部、妻が低音部で、ユングはオカリナでメロディーを、ユング息子Yがウッドブロックでパーカッション参加。
     直前に下の息子Kがぐずりだし、ユングがだっこしながらオカリナを吹くことに。ムリだろ~と思いましたが、なんとかしのぎました。こういう家族プチオケ、楽しいです。木管楽器と弦楽器がほしいなあなどと思いました。

    3. M.Tちゃん 聖者の行進
     この子はとにかく不思議です。
     連弾相手と微妙にリズムがずれているんですが、それが問題ないというのかなんというのか、自分の中にリズムがある感じです。
     しかも、ほとんど鍵盤を見ません。でも、きちんと弾けているのは練習量が多いのでしょうか。
     妙に印象に残ったのでした。

    4. H.Sちゃん ジングルべル
     5月の19thもご一家総出演でしたが、今回はお子様がサンタ衣装で参加です。
     下のお子さんの鈴が妙にいい感じです。5月の時には少し心細げだったのに、半年で堂々としたものです。
     子供の成長は速いですねえ。

    5. A.Tちゃん かえるのうた
     とても礼儀正しい、折り目正しい、そんな印象を受けました。
     かえるのうたは、ユングも5月に連弾で参加しましたが、指が沢山あると結構面白い編曲になって楽しいんですよね。合奏のだいご味ですね。
     今回のは低音部が面白かったです。

    6. Y.Sちゃん ふしぎなポケット
     この子はひとつひとつの音がしっかりきちんと出ていました。
     安定感を感じさせる演奏でした。こういうのって、案外難しいことなんですよね。
     つぶをそろえるというか。私が苦手なところです。
     これからの伸びが楽しみです。

    7. H.Kちゃん ララルー
     後でソロでも出て来ますが、この母娘連弾は、まったくもって、親子を感じさせる演奏でした。
     ペダルを駆使してふわぁ~とオシャレな甘いメロディーですよ。
     間の取り方もいい感じです。どちらも聴かせるピアニストです。
     衣装なども、ママもお子さんも、なんとなくお洒落な感じでした。シャンゼリゼを二人で歩いてそうでした。

    8. Y.M となりのトトロ
     ユング息子の連弾です。最初から緊張のせいかかなりスピードアップ。
     なんとか崩壊しませんでしたが、トトロちょっと速足過ぎませんか、トトロ大きいのにダッシュできるんですかって感じでした。
     本番は怖いですね。

    9. Y.Mくん オールドロックンロール
     RaRa先生の息子さん。最初のあいさつからしてかなりタレてるYくん。
     しかしこういう曲なかなか似合うなあ!
     70年代のヤンキーのような。それを温かく見守る母のような。
     親子こんな感じで肩組んで二人三脚している姿を想像し、なんか楽しくなりました。

    10. S.Iちゃん いつも何度でも
     本当に息がぴったりでした。親子のおじぎのリズムまでぴったり。
     演奏は、パパが歌詞のメロディー、娘さんが伴奏でした。
     娘さんのパートのテヌートうまい。基礎がある子だなあと思いました。
     でもなにより演奏中でもそれ以外でも背筋の姿勢がいいですね。
     歳をとっても仲良しの親子で居続ける姿が想像されて、なんとも微笑ましかったです。
     とても温かい気持ちになりました。

    11. Tさんご夫婦 パリのワルツ
     今日の演奏の中で、一番印象に残りました。
     ピアニッシモでのアルペジオの密やかさ、強く出すところの歯切れ良さ。
     まだ始めたばかりと聞きましたが、その演奏の中に、繊細な感覚を駆使して表現したいものがあるのが見えました。
     ぜひこれからも連弾と言わずソロと言わず、表現を続けてほしいと思いました。

    12. RaRaさん+K.Sさん 崖の上のポニョ
     ひたすら楽しいポニョでした。子供たちもノリノリ。多分演奏者もノリノリ。
     これ良い曲ですね。メロディーの変遷がうまいというか、
     ああ、こう来るかという面白い旋律。まだ映画は見たことないのですが。見ようかな。

    13. パパ軍団 三びきのやぎのガラガラドン
     パパさん4人による絵本劇です。ウクレレ、ギタレレ、ガムランでの合奏。
     こういうのも面白いですね。子供たちをすっかりひきこんでしまいました。
     なんでもええからガラガラドン!






    ●ソロの部

    1. M.Hさん ルパン三世
     RaRa娘さんのお友達がサックスのソロで登場です。
     人前で一人でサックスったら緊張しそうなもんですが、この子はまるで関係なく堂々としていました。
     緊張したら呼吸が乱れて管楽器なんかはすぐに音に出そうなもんです。いい度胸です。
     ぜひ19thなどでもご披露いただきたいものです。

    2. H.Sちゃん お笑いチンパンジー
     この子はひと~つひと~つの音を、まるで確かめるように弾いていました。
     とても慎重な性格なんでしょうか。
     まだ小さいのでよくわかりませんが、自分の音を聴きながら弾いているような、
     音を出してから確かめているような、そんな間を感じました。

    3. A.Tちゃん ひげじいさん、かっこう
     この子は多分、指の運動神経が発達していると思います。
     難曲にどんどん挑戦していくような、そんなタチかもしれません。
     これからが楽しみです。

    4. M.Tちゃん こいぬのマーチ、だるまさん
     連弾でも触れましたが、不思議な6歳です。
     この子は鍵盤を見ないで弾きます。でも、ミスしません。ちょっとビックリです。
     ちゃんとリズムを刻み、ちゃんといい感じに弾いています。
     笑顔がニッコニコです。このままピアノを好きで続けていったら、面白い演奏をしてくれそうで楽しみです。

    5. T.Nくん 動物園のミレニアム
     この子はほんとに堂々としてますね。とても練習熱心だそうですが、
     その自信が演奏やあいさつにあらわれています。安定した音とリズムでした。
     とてもバランスの良い健全な演奏家になりそうな予感がします。

    6. ユング娘 コスモス、汽船がつくよ
     あいさつからしてテンション低いです。
     しかも、ピアノの横から入って座るのではなく、
     正面から椅子によじのぼって座るという暴挙に出ました(パパは目が点)。
     でも、練習であれだけ失敗しまくっていた2曲、なぜか本番でミスなく乗り切る。
     舞台度胸がいいのか、練習をテキトーにやっているのか、娘ながらよく分かりません・・・

    7. M.Tくん インディアンの踊り、きよしこの夜
     このインディアンの曲は私昔やったかもしれません。なんか懐かしい感じがしました。
     リズムがいいですね。スタッカートをきかせてアクセントをかけるところとそれ以外をきちんと分けて。気がつくと私も膝を手で叩いていました。
     きよしこの夜は、インディアンとは全然対照的な曲で、取り合わせもいいですね。
     間の取り方など、さすがと思わせるものがありました。

    8. H.Kさん ふしぎなユニコーン
     連弾でもそうでしたが、この子はペダルを使った聴かせ方が本当にうまいです。
     美しい音というものを知っている気がします。
     曲自体も、まるで夢の中のような物憂い曲なんですが、
     その中でも旋律はしっかり押さえ少し強めに出ていて、やるなあと思いました。
     ひと時、夢の世界に連れて行っていただきました。

    9. M.Oちゃん モーツァルトのソナタ15-1
     小さいのにかような難曲によくぞ挑戦し頑張りました。私には無理です。
     途中、難しいところでテンポを落としてしっかり弾き続けたのもいい判断です。
     いい曲だなあ。聴いていてとても落ち着きました。

    10. Y.Sちゃん ちょうちょ
     まあ小さいのに素晴らしくリズムが安定していたと思います。
     いいリズム感しています。
     弾く時の姿勢がいいですね。姿勢も大切だと思います。

    11. S.Iちゃん ブギ時計
     連弾で「いつも何度でも」をパパとほんわか演奏してくれた子です。
     ソロの曲はジャズ。ビックリです。
     左手2、右手3のリズムを難なくこなします。すごいなあ。
     こういうリズムずらしは私は中学くらいにならないと分からなかったなあ。
     それにしても姿勢がいいです。あいさつもとても落ち着いていて、
     客席を安心させる演奏でした。

    12. Y.Mくん 楽しい農夫
     RaRa息子、あいかわらずあいさつがテキトーです。途中からテンポが少々速くなりましたが、
     それでも崩れないところは、サッカーで鍛えた度胸のたまものに違いありません。
     服もなんとなくサッカーぽく、ピアノを弾いているというよりは、
     サッカーをやっているような感じでした。
     まさにわんぱく少年の演奏って感じでした。

    13. Y.M ロックン・ラクーン
     ユング息子です。おしまいのリズム揺らしは自分で考えていました。
     音を楽しむようなところがあるようです。

    14. M.Sくん ポロネーズ
     私は初めて聴く曲ですが、しっかり弾けていたと思います。
     実直な、素直な演奏です。
     なんとなく抑えているものがあるような、そんな気もします。
     個性を発揮した時に、どんな演奏になるのか、楽しみです。

    15. Y.Kくん 手紙
     こういうのができるとカッコいいよね。「手紙」は好きな歌です。
     弾き語りとかできたらいいなと、私は昔そう思ってピアノを始めました。
     なんか、そんなことを思い出しながら聴いていました。ぜひ弾き語りにも挑戦を!

    16. A.Mさん ワルツ15番
     先日RaRa先生のワルツ15番を聴いたところだったのですが、
     今度は娘さんの同曲です。
     親子だからなのか、すごく似ていました。
     けっこう指がぽんぽん飛ぶ曲なんですが、安定していて、安心して聴けました。
     あいさつもしっかりしています。さすが中学生です。

    17. N.Mさん My Favorite Things
     ユング妻です。
     出だしから異様にスピードアップ。相当緊張していたと思います。
     途中で楽譜が飛んで固まりましたが、なんとかリカバリし乗り切りました。よい経験になったと思います。
     ミスはない方がそりゃいいけど、細かいミスは無視して先進むくらいがいいんだよね。

    18. A.M Playing Love
     私のです。カッコつかなかったけど、ベストは尽くしました。
     とにかく精進あるのみです。
     私の演奏とは関係なく、「海の上のピアニスト」はぜひ皆さん見てください。
     本物の演奏は素晴らしいです。内容も素晴らしい映画なのです。




    そんなこんなで、まあ楽しい演奏の数々でした。終わった後にはボリュームたっぷりの弁当とケーキ、そしてビンゴ大会。みんな楽しそうにしていました。大人の弁当にはケーキはつかないと知ってがっかり。子供のにしときゃあよかった。



    大人も子供も、演奏の色は本当に十人十色です。こうして他人の演奏に触れてインスピレーションを得る(得ないかもしれないけど)のは、この世界の多様性を知る上で、とても大切なことだと思います。それを遊びを交えて楽しみながらやれるこうした会は、素晴らしいですね。19thのライブもそうですが、ずっと続いてほしいし、もっと広がってほしいと願っています。本当に、楽しいひと時でした。

    スポンサーサイト


    Comments
    ライブレポートありがとうございます。
    楽しい会でしたね。

    本当に個性的な子供たちで楽しかったです。
    奥様とユングさんの演奏大好評でしたよ。
    本番に平常心で弾くのは本当にむずかしいですが、いつか出来ると信じて、19thのライブも楽しみましょうね。
    by. RaRa | 2010.12.06 (23:26) | URL | EDIT
    おつかれさまでした。
    コーディネートその他、本当にお疲れ様でした。
    時間もぴったりでしたね。ポニョ楽しかったです。ほんとにいい曲ですね。妻とやろうかと話しています。でもルパンが先かな!

    とにかく今回は自分の演奏順が近づく時間帯を除いて(笑)とても明るい雰囲気で楽しめました。天気も最高に良かったし。演奏の個性は面白いですね。

    次回もよろしくです。
    by. ユング | 2010.12.07 (00:56) | URL | EDIT
    個性溢れた演奏会でしたね。
    子供も大人もおんなじ楽器を使って弾いているのによくもまあ、こんなに違う音色になるもんだ、と半ば感心しながら聞いていました。

    子供達にはたくさんの個性を吸収しながら成長して行って欲しいな、と思いました。

    ユングさんのピアノに向かう姿勢は子供達にも大人たちにもぐっさり刺さりました。
    なんていうんでしょう、耳だけじゃなく体で演奏を受け止めた感じでした。
    素敵な演奏をありがとうございました!
    by. BOB | 2010.12.07 (08:25) | URL | EDIT
    ありがとうございました。
    BOBさん
    まだ「ガラガラドン!」が鳴りやみません(笑)
    ちょっとミュージカルっぽくて面白かったです。新鮮なものを見せていただき、本当にありがとうございました。BOBさんの子供たちを包むような思いが形になって見えた気がいたしました。歌もイケてましたよ。カラオケ、結構やってますね!!

    そのうち弾き語りなんて、いかがですか?
    by. ユング | 2010.12.07 (09:39) | URL | EDIT
    愛情溢れるレポート、ありがとうございます。

    守谷に理想的な音楽コミューンが育ちつつあるように強く感じ、大変嬉しく拝読させていただきました。

    今のまま年を重ね、「集い」が一歩づつ確実に充実していくことを、心から祈ってやみません。

    きっと門前市をなすことでしょう。

    来年が楽しみです。
    by. ZERKIN=S | 2010.12.08 (00:30) | URL | EDIT
    ありがとうございます。
    いつもはZERKIN=Sさんが書いて下さっているレポートですが、今年は時期が沖縄ライブと重なったし、いろいろ思うところがありなにか形に残したかったので、まず私が書かせて頂きました。

    書きながら、あれ、ZERKIN=Sさんのレポートに似てるぞ、「ベストは尽くしました」なんてそのままじゃないか、と焦りましたが、まあ、無意識にパクってしまったということで、お許しください(笑)ただ、どのくだりも私の五感+心で感じたことを書いていることに変わりはありません。

    レポートを書きながら、ああ、ZERKIN=Sさんは演奏の向こう側にあるその人そのものや可能性を見ていたんだなあ、と感じました。私はまだまだZERKIN=Sさんのような素晴らしいレポ書けないですが、それでもこういうレポ書く経験も面白いものですね。より深く演奏について考えるきっかけになりますね。

    今後ともいろいろ勉強させていただきます。よろしくお願いします。
    by. ユング | 2010.12.08 (05:45) | URL | EDIT
    ユングさん、レポートありがとうございます。
    とっても楽しく読ませていただきました。

    そして笑ってしまった長女へのコメント(笑)
    そうなんです。ものすごく慎重な子です。
    しょっぱな間違えてしまったとき、すぐわたしの方を見ました。焦ってましたね~(笑)
    私的に、この子は才能タイプではないと思ってるので^^”練習を続けていくことで少しずつ上達しているので、毎日コツコツを目標にしていきたいと思います。

    ユングさんの演奏も素晴らしかったです。
    奥様もカッコよかった!!

    ユングさんはいつも楽しそうにというか、ご自分の世界に入って演奏していらっしゃるので緊張なんてしないのかと思ってました。
    でもそんなユングさんでも緊張すると聞いてちょっとホっとしました。

    今度ぜひ奥様との連弾も聞いてみたいな~
    連弾、楽しいですよ~^^♬

    わたしも5月にはまたソロでも弾けるよう練習しなくては…
    by. ぴょんこママ | 2010.12.08 (11:17) | URL | EDIT
    にさんがきゅう
    ぴょんこママさん
    長女さんの演奏、興味深かったです。

    最近音楽友達と話していて出た話題なんですが、ピアノを始めた最初は、とにかく指で鍵盤を押さえることだけに神経が占有されてしまって、「自分が弾いた音を聴く」ということがなかなかできない。でも、自分が弾く音を聴いて即座に脳にフィードバックし次の音につなげる、という技術(というか癖?)は、上達する上で非常に重要なのではないかと。それによって、表情を持った「フレーズ」が出来ていくのかな、というような話をしていました。

    当たり前のことっちゃ当たり前かもしれませんが、長女さんはそれをし始めたところなのかな、と感じました。「こう弾きたい」というイメージが先にあって、それに近づけていく、そういうタイプなのかも。同じ年頃の子どもでも、それぞれアプローチが違っていて面白いです。長女さんがこれからどんなふうに伸びていくのか、楽しみです。

    私めちゃめちゃ緊張魔ですよ。弾き終わった後はおっそろしく脳の疲れを感じるので、多分掛け算の九九も思い出せなくて「にさんがきゅう」とか言うと思います(笑)
    by. ユング | 2010.12.08 (19:03) | URL | EDIT

    Add Comment















    Trackback
    この記事へのトラックバックURL
    ≪New Entry xx HOME xx Old Entry≫
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。