カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    東京19th オープンリハーサルのお知らせ 

    2010/12/07 01:35/Tue | ★19th CLUB 東京 | CM(0) | TB(0)
    2011年、オープンリハーサルが決まりました。

    今回で早くも3回目!例によって、まったり、ゆったり、自由な雰囲気の
    中でのリハーサルです。

    2011年01月29日(土曜日) 場所は恒例の、仙川の森のテラスにて。
    ピアノはヤマハのC3です。

    時間は11時スタートの予定。
    参加費も2000円(予定)で行いたいと思っております。

    お気軽にご参加くださいね!
    お待ちしております。




    ★オープンリハーサルの形式

    あらかじめ演奏順を決めて、一人一回10分程度で順番に演奏していきます。
    たとえば、第一順目にショパンのノクターン、2順目にベートーベンのソナタ、
    など順番ごとに演奏する曲を変更してもOK、同じ曲でももちろんOK.
    何でも自由に演奏可。(その順番の演奏をパスしたい場合はパスもOK)
    演奏の完成度は特に問いません。

    ☆楽譜ももちろん持ち込み可です。 必要な方はご持参ください。
    ☆演奏中、小声での会話は構いません。
    ☆演奏中、飲食もOKです。(ただし、大きい音のするものや臭いの強いものなどはNG!)
    ☆途中退出、再入場も可能です。緑多い環境ですので、散策などもお楽しみください。



    曲のジャンル、未完成の状態でも、途中で止まっても、弾きなおしをしても、 まったく構いません。
    持ち時間を自由に使えます。
    現状の素のまま、お気軽にご参加ください。


    スポンサーサイト

    御礼 ボルドーの夕べ 

    2010/12/07 01:19/Tue | ★19th CLUB 沖縄 | CM(2) | TB(0)
    御礼


    ご来場いただいたお客様、出演者の皆さん、スタッフの皆さん、本当に本当にありがとうございました。

    お陰様で今回も無事「第三回ボルドーの夕べ」を終えることができました。

    会を終え「ボルドーの夕べ」が一歩一歩確実に成長している実感と、感謝の気持ちでいっぱいです。


    詳細は追ってレポートさせていただきます。


    今後も、回を追うごとに充実した内容で皆さんに楽しんでいただけるよう、努力を継続してまいります。


    皆さんに支えていただけることで、19thは成長させていただいております。

    次回以降も末長く宜しくお願い致します。


                 主催者一同


    町オケのブラームスにBravo! 

    2010/12/06 23:38/Mon | ★コンサート行ってきます、行ってきました!! | CM(1) | TB(0)
    12月5日、RaRaピアノ教室のクリスマス会が終わった後、
    地元のオーケストラ「守谷アンサンブルオーケストラ」の定期演奏会にでかけてきました。

    http://orchestra.musicinfo.co.jp/~meo/contents02.html



    当日は抜けるような快晴。コンサート日和(?)でした。ぎりぎり間に合いホールの中へ。
    なんと大入り満員。小さな息子と娘を連れていたので、立ち見は嫌だなと思っていたら、
    最前列が3席あいていたのでそこへ。わー、チェロが目の前。こんな近くで見るのは初めてです。



    1曲目はヘンデル。私は聴いたことない曲だと思っていましたが、もしかしたらあるかも。
    なんとなく聞き覚えがあるような。優しい曲です。あまりに優しいので、
    息子と娘は寝てしまいました(笑)


    2曲目は有名なグリーグのペール・ギュント。私もあの有名なやつしか知らなかったのですが、
    他の曲もとても瑞々しくて気に入りました。もともと私は北欧が大好きで(行ったことないけど!)、
    ひんやりと涼しい風を感じました。




    休憩をはさんでいよいよ後半はブラームスです。交響曲1番。

    のだめカンタービレでも使われた曲なので、知っている人多いかもしれませんが、
    私の母も大好きな曲で、小さい頃からよくカラヤンのLPレコード聴かされていたので、
    私もこの曲は交響曲の中で一番好きな曲です。すごく楽しみにしていました。

    素晴らしい!素晴らしかった!!!

    1楽章の始まり、ティンパニーの

    「ドン ドン ドン ドン」

    という響きに、ああこれから厳しい戦いが始まるのだ、という覚悟を求めるような、
    ぴしっと引き締まる気持ちに。

    2楽章、3楽章と進み、終楽章の、あの、ふっと長調に転調する瞬間。

    音楽ってみんなそうだと思うけど、曲の表情の変遷、変わりゆくその瞬間瞬間が感動なんですよね。
    ハッとさせられる、背筋がゾクゾクする。この曲のこの個所は、
    苦しい道を進んできて、ふと視界がひらけて遠くまで広がるパノラマを前にして、
    ああ、ここまで来てよかった、頑張ってよかった、生きてきてよかった、
    と思えるような、そんな瞬間なのです。

    そして終盤にかけてはもう頂上を目指してどんどん登っていきます。
    高揚感が高まり、最後のクライマックス。聴いていて、涙が出そうになりました。出たかも。

    終わった瞬間、自然に口が

    「ブラボー!」

    と叫んでいました。そしたら、2つ隣に座ってたおっさんも同じように叫んでいました。

    生演奏、最高です。朝比奈やカラヤンのCDを家で聴いて、いいなあと思うけれど、
    それよりも町オケの生のほうが、心に響くレンジは広く大きく強烈でした。
    生最高!!!




    鳴りやまぬ拍手にこたえてのアンコールは、クリスマス前の時期に味な選曲、リロイ・アンダーソンの「そりすべり」でした。



    これまた私の大好きな曲!「シンコペーテッド・クロック」もいいですが、
    この人の曲の軽妙で自然の風が吹き人のぬくもりを感じるあたりが、私にはもろツボです。
    これも生で聴くと、まさに自然そのもの、風が吹いて、街路樹の木々が揺れて、
    行きかう人たちの楽しい笑い声が聞こえる。
    ウッドブロックとかのパーカッションが面白いですよね。なんでしょう、木の板を叩いているのでしょうか、パチーン!って。
    あれ、やってみたいなと思いました。子供たちがああいう楽器に触れるようなイベント、ないかなあ。


    もう1曲やってくれないかなと思い、拍手が続きましたが、残念ながらこれでおしまい。
    いやー、これで無料ってのは、なんてお得というか申し訳ないというか、
    なんか差し入れ置いていこうかと思うくらいに素晴らしい舞台でした。

    ほんと、生最高です。これからも守谷アンサンブルを応援していこう。また次の演奏会にも足運ぼう。
    町オケに乾杯!!Bravo!!!!

    ※少々酔いながら書いています。ところどころ意味不明かも(笑)


    RaRaピアノ教室クリスマス会 ユングの自分を棚上げレポート! 

    2010/12/06 15:48/Mon | ★ララピアノ教室最近の活動 | CM(8) | TB(0)
    サル12月5日、うちの息子と娘が通うRaRaピアノ教室でのクリスマス会演奏会がありました。

    当日はとても天気が良くて、朝から少し寒いめ。ピアノ弾くのに寒さは敵で、指がかじかんだら本番もクソもないので、私は朝からストーブがんがんたいてカイロ握ってさらに手袋をしていました。

    ありがたくも早めに着いたらリハの時間が取れたので、簡単にリハーサル。この国際交流センタのグランドピアノはほんとに素直なタッチで、私個人的には大好きです。このピアノにとても助けられるような気がします。

    さて、演奏会は自分が弾く楽しみももちろんありますが、他の人の演奏の色を楽しむというのも、実際とても面白いものです。というわけで、自分の演奏のダメダメちゃんは棚に上げて、勝手に寸評を書きます!


    ●連弾の部

    1. T.Nくん ドレミの歌
     Tくんとパパとの連弾です。Tくんのパートは右手と左手が交互に出てくるやじろべえのような旋律。
     この歳でちゃんとこういうのが弾けることにちょっと驚きです。
     なお、地味なベースパートですが、パパさんかなり上達しています。

    2. S.Mちゃん ミッキーマウスマーチ
     ユング一家総出演でした。ユング娘が高音部、妻が低音部で、ユングはオカリナでメロディーを、ユング息子Yがウッドブロックでパーカッション参加。
     直前に下の息子Kがぐずりだし、ユングがだっこしながらオカリナを吹くことに。ムリだろ~と思いましたが、なんとかしのぎました。こういう家族プチオケ、楽しいです。木管楽器と弦楽器がほしいなあなどと思いました。

    3. M.Tちゃん 聖者の行進
     この子はとにかく不思議です。
     連弾相手と微妙にリズムがずれているんですが、それが問題ないというのかなんというのか、自分の中にリズムがある感じです。
     しかも、ほとんど鍵盤を見ません。でも、きちんと弾けているのは練習量が多いのでしょうか。
     妙に印象に残ったのでした。

    4. H.Sちゃん ジングルべル
     5月の19thもご一家総出演でしたが、今回はお子様がサンタ衣装で参加です。
     下のお子さんの鈴が妙にいい感じです。5月の時には少し心細げだったのに、半年で堂々としたものです。
     子供の成長は速いですねえ。

    5. A.Tちゃん かえるのうた
     とても礼儀正しい、折り目正しい、そんな印象を受けました。
     かえるのうたは、ユングも5月に連弾で参加しましたが、指が沢山あると結構面白い編曲になって楽しいんですよね。合奏のだいご味ですね。
     今回のは低音部が面白かったです。

    6. Y.Sちゃん ふしぎなポケット
     この子はひとつひとつの音がしっかりきちんと出ていました。
     安定感を感じさせる演奏でした。こういうのって、案外難しいことなんですよね。
     つぶをそろえるというか。私が苦手なところです。
     これからの伸びが楽しみです。

    7. H.Kちゃん ララルー
     後でソロでも出て来ますが、この母娘連弾は、まったくもって、親子を感じさせる演奏でした。
     ペダルを駆使してふわぁ~とオシャレな甘いメロディーですよ。
     間の取り方もいい感じです。どちらも聴かせるピアニストです。
     衣装なども、ママもお子さんも、なんとなくお洒落な感じでした。シャンゼリゼを二人で歩いてそうでした。

    8. Y.M となりのトトロ
     ユング息子の連弾です。最初から緊張のせいかかなりスピードアップ。
     なんとか崩壊しませんでしたが、トトロちょっと速足過ぎませんか、トトロ大きいのにダッシュできるんですかって感じでした。
     本番は怖いですね。

    9. Y.Mくん オールドロックンロール
     RaRa先生の息子さん。最初のあいさつからしてかなりタレてるYくん。
     しかしこういう曲なかなか似合うなあ!
     70年代のヤンキーのような。それを温かく見守る母のような。
     親子こんな感じで肩組んで二人三脚している姿を想像し、なんか楽しくなりました。

    10. S.Iちゃん いつも何度でも
     本当に息がぴったりでした。親子のおじぎのリズムまでぴったり。
     演奏は、パパが歌詞のメロディー、娘さんが伴奏でした。
     娘さんのパートのテヌートうまい。基礎がある子だなあと思いました。
     でもなにより演奏中でもそれ以外でも背筋の姿勢がいいですね。
     歳をとっても仲良しの親子で居続ける姿が想像されて、なんとも微笑ましかったです。
     とても温かい気持ちになりました。

    11. Tさんご夫婦 パリのワルツ
     今日の演奏の中で、一番印象に残りました。
     ピアニッシモでのアルペジオの密やかさ、強く出すところの歯切れ良さ。
     まだ始めたばかりと聞きましたが、その演奏の中に、繊細な感覚を駆使して表現したいものがあるのが見えました。
     ぜひこれからも連弾と言わずソロと言わず、表現を続けてほしいと思いました。

    12. RaRaさん+K.Sさん 崖の上のポニョ
     ひたすら楽しいポニョでした。子供たちもノリノリ。多分演奏者もノリノリ。
     これ良い曲ですね。メロディーの変遷がうまいというか、
     ああ、こう来るかという面白い旋律。まだ映画は見たことないのですが。見ようかな。

    13. パパ軍団 三びきのやぎのガラガラドン
     パパさん4人による絵本劇です。ウクレレ、ギタレレ、ガムランでの合奏。
     こういうのも面白いですね。子供たちをすっかりひきこんでしまいました。
     なんでもええからガラガラドン!






    ●ソロの部

    1. M.Hさん ルパン三世
     RaRa娘さんのお友達がサックスのソロで登場です。
     人前で一人でサックスったら緊張しそうなもんですが、この子はまるで関係なく堂々としていました。
     緊張したら呼吸が乱れて管楽器なんかはすぐに音に出そうなもんです。いい度胸です。
     ぜひ19thなどでもご披露いただきたいものです。

    2. H.Sちゃん お笑いチンパンジー
     この子はひと~つひと~つの音を、まるで確かめるように弾いていました。
     とても慎重な性格なんでしょうか。
     まだ小さいのでよくわかりませんが、自分の音を聴きながら弾いているような、
     音を出してから確かめているような、そんな間を感じました。

    3. A.Tちゃん ひげじいさん、かっこう
     この子は多分、指の運動神経が発達していると思います。
     難曲にどんどん挑戦していくような、そんなタチかもしれません。
     これからが楽しみです。

    4. M.Tちゃん こいぬのマーチ、だるまさん
     連弾でも触れましたが、不思議な6歳です。
     この子は鍵盤を見ないで弾きます。でも、ミスしません。ちょっとビックリです。
     ちゃんとリズムを刻み、ちゃんといい感じに弾いています。
     笑顔がニッコニコです。このままピアノを好きで続けていったら、面白い演奏をしてくれそうで楽しみです。

    5. T.Nくん 動物園のミレニアム
     この子はほんとに堂々としてますね。とても練習熱心だそうですが、
     その自信が演奏やあいさつにあらわれています。安定した音とリズムでした。
     とてもバランスの良い健全な演奏家になりそうな予感がします。

    6. ユング娘 コスモス、汽船がつくよ
     あいさつからしてテンション低いです。
     しかも、ピアノの横から入って座るのではなく、
     正面から椅子によじのぼって座るという暴挙に出ました(パパは目が点)。
     でも、練習であれだけ失敗しまくっていた2曲、なぜか本番でミスなく乗り切る。
     舞台度胸がいいのか、練習をテキトーにやっているのか、娘ながらよく分かりません・・・

    7. M.Tくん インディアンの踊り、きよしこの夜
     このインディアンの曲は私昔やったかもしれません。なんか懐かしい感じがしました。
     リズムがいいですね。スタッカートをきかせてアクセントをかけるところとそれ以外をきちんと分けて。気がつくと私も膝を手で叩いていました。
     きよしこの夜は、インディアンとは全然対照的な曲で、取り合わせもいいですね。
     間の取り方など、さすがと思わせるものがありました。

    8. H.Kさん ふしぎなユニコーン
     連弾でもそうでしたが、この子はペダルを使った聴かせ方が本当にうまいです。
     美しい音というものを知っている気がします。
     曲自体も、まるで夢の中のような物憂い曲なんですが、
     その中でも旋律はしっかり押さえ少し強めに出ていて、やるなあと思いました。
     ひと時、夢の世界に連れて行っていただきました。

    9. M.Oちゃん モーツァルトのソナタ15-1
     小さいのにかような難曲によくぞ挑戦し頑張りました。私には無理です。
     途中、難しいところでテンポを落としてしっかり弾き続けたのもいい判断です。
     いい曲だなあ。聴いていてとても落ち着きました。

    10. Y.Sちゃん ちょうちょ
     まあ小さいのに素晴らしくリズムが安定していたと思います。
     いいリズム感しています。
     弾く時の姿勢がいいですね。姿勢も大切だと思います。

    11. S.Iちゃん ブギ時計
     連弾で「いつも何度でも」をパパとほんわか演奏してくれた子です。
     ソロの曲はジャズ。ビックリです。
     左手2、右手3のリズムを難なくこなします。すごいなあ。
     こういうリズムずらしは私は中学くらいにならないと分からなかったなあ。
     それにしても姿勢がいいです。あいさつもとても落ち着いていて、
     客席を安心させる演奏でした。

    12. Y.Mくん 楽しい農夫
     RaRa息子、あいかわらずあいさつがテキトーです。途中からテンポが少々速くなりましたが、
     それでも崩れないところは、サッカーで鍛えた度胸のたまものに違いありません。
     服もなんとなくサッカーぽく、ピアノを弾いているというよりは、
     サッカーをやっているような感じでした。
     まさにわんぱく少年の演奏って感じでした。

    13. Y.M ロックン・ラクーン
     ユング息子です。おしまいのリズム揺らしは自分で考えていました。
     音を楽しむようなところがあるようです。

    14. M.Sくん ポロネーズ
     私は初めて聴く曲ですが、しっかり弾けていたと思います。
     実直な、素直な演奏です。
     なんとなく抑えているものがあるような、そんな気もします。
     個性を発揮した時に、どんな演奏になるのか、楽しみです。

    15. Y.Kくん 手紙
     こういうのができるとカッコいいよね。「手紙」は好きな歌です。
     弾き語りとかできたらいいなと、私は昔そう思ってピアノを始めました。
     なんか、そんなことを思い出しながら聴いていました。ぜひ弾き語りにも挑戦を!

    16. A.Mさん ワルツ15番
     先日RaRa先生のワルツ15番を聴いたところだったのですが、
     今度は娘さんの同曲です。
     親子だからなのか、すごく似ていました。
     けっこう指がぽんぽん飛ぶ曲なんですが、安定していて、安心して聴けました。
     あいさつもしっかりしています。さすが中学生です。

    17. N.Mさん My Favorite Things
     ユング妻です。
     出だしから異様にスピードアップ。相当緊張していたと思います。
     途中で楽譜が飛んで固まりましたが、なんとかリカバリし乗り切りました。よい経験になったと思います。
     ミスはない方がそりゃいいけど、細かいミスは無視して先進むくらいがいいんだよね。

    18. A.M Playing Love
     私のです。カッコつかなかったけど、ベストは尽くしました。
     とにかく精進あるのみです。
     私の演奏とは関係なく、「海の上のピアニスト」はぜひ皆さん見てください。
     本物の演奏は素晴らしいです。内容も素晴らしい映画なのです。




    そんなこんなで、まあ楽しい演奏の数々でした。終わった後にはボリュームたっぷりの弁当とケーキ、そしてビンゴ大会。みんな楽しそうにしていました。大人の弁当にはケーキはつかないと知ってがっかり。子供のにしときゃあよかった。



    大人も子供も、演奏の色は本当に十人十色です。こうして他人の演奏に触れてインスピレーションを得る(得ないかもしれないけど)のは、この世界の多様性を知る上で、とても大切なことだと思います。それを遊びを交えて楽しみながらやれるこうした会は、素晴らしいですね。19thのライブもそうですが、ずっと続いてほしいし、もっと広がってほしいと願っています。本当に、楽しいひと時でした。



    動画アップとあとちょっとでクリスマス会 

    2010/12/02 12:02/Thu | ★ララピアノ教室最近の活動 | CM(0) | TB(0)
    今度の日曜日はクリスマス会。
    この時期になると「ちゃんと会が開けるか」とか「会場ちゃんと借りられてるかな」とかいろいろ不安になってきます。

    不安でご飯ものどを通らなければいいのに、それは無し。
    食欲はあります。

    全部準備出来たと思うけどやっぱり心配!!!
    演奏の練習もしないと!!!


    生徒さん達の動画をアップしました。
    家族連弾もあり。
    今月からレッスンに来てくださった生徒さんも急きょ連弾を演奏することに。

    楽しい会になるといいな。


    maoちゃん演奏・家族連弾

    yuinaちゃん演奏・連弾

    ぴょんちゃん演奏・家族連弾

    みいくん演奏


    xx HOME xx
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。