カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    ワークブックの内容について No2 

    2010/01/24 19:22/Sun | ★ワークブック掲示板(解説・感想・質疑応答)by裕木七瀬  | CM(0) | TB(0)

    前回に引き続き、今回は冒頭の「はじめに」を掲載させていただきます。

    「あとがき」とセットで読んでいただくと、本書のコンセプトがより理解していただけると思います。




    はじめに(本書の特徴と目的)

     

      手の成長に合わせたトレーニング

     全体を一部・上下巻「オクターブが届く前に」(12歳ぐらいまでを対象)と二部「オクターブが届いたら」(13歳以降を対象)の二部構成にしております。

     スポーツ医学の世界では肉体が完成する過程の成長期と肉体が完成した以降でトレーニングに対する考え方を変えているそうです。

     特に肉体的に個人差の大きい成長期のお子さんには、ピアノの世界でもこういった考え方が必要だと思われます。

     本書は、実践的なトレーニングは手の成長が完了してから(オクターブが届くようになってから)スタートし、それまでは準備期間という設定で組まれております。

      フレーズ単位の視覚認識(鍵盤図の使用)

     ロックやジャズの、特にギターやベースでは、「フレーズやコードの指の配置」を映像的にとらえて認識する方法も使用されています。 

    楽譜以外に「指板上での弦の押さえ方」を図にしたTAB譜というものもあります。

    楽譜と実際の弦の押さえ方(手のポジション)と実音を別々に認識し一致させていくのです。 その結果、フレーズに対する「手や指の形のパターン」を「音群のブロック」で認識でき、アドリブを可能にしているわけです。

    また、ソロバン学習では最終的に頭の中でソロバンをはじけるようになり、結果、早く暗算ができるようになるそうです。

    本書はこれらの学習法をピアノに応用しております。

    実音(音認識)と鍵盤の絵(手の形・映像認識)と楽譜を併用し、それらが頭の中で最終的に一致することを目的にしております。

    こうすることでフレーズを単音で追いかけるのではなく、手の形やポジションを基準にした「音群のパターン」をブロックで捉えていくことができるようになります。 

    その結果、暗譜が早くなり、曲の解析もできるようになっていきます。

      合理的でシンプルな内容

     基本的なテクニックの要素を項目ごとに分け、同じ音形を転調したりリズム変奏することで最小限の譜例で最大限に深く学習していきます。

     また転調をともなう為、「楽典への基礎的な感覚」も身についていきます。

     最初は片手で練習し、慣れたら両手で練習してください。

     和音・アルペジオを両手で弾く場合は、最初は右手を1オクターブ下げて、両手の間隔を狭くして練習してください。 慣れたら楽譜通りに弾いてみましょう。

      デモ演奏CD

     本書に従ったデモ演奏CDを使用するとカラオケのように耳からの学習も可能です。

     

    以上の4点が本書の特徴です。

    初心者の大人の方やオクターブの届かないお子さんは、一部からスタートしてください。

    中級以上の大人の方やオクターブの届くようになったお子さんは、二部を学習してください。 (状況に応じて、チェルニー30番やバッハのインベンション・平均律を併用すると更に効果は上がっていきます。 本書に付随する「12調の曲集」も有効です。)

    また、実際の曲の難しいパッセージの練習法に、本書の考え方を応用することはとても望ましいことです。

    本書は必要最小限の合理的な課題で組まれております。

    本書が皆さんのピアノ学習に貢献できることを心から祈っております。

                                

     

    以上が「はじめに」の全文です。

    次回以降は、できる限りサンプルを使用して具体的な解説を記載していく予定です。

    今後とも宜しくお願いいたします。



    スポンサーサイト

    ワークブックの内容について No1 

    2010/01/23 21:31/Sat | ★ワークブック掲示板(解説・感想・質疑応答)by裕木七瀬  | CM(0) | TB(0)
    ワークブックの内容について No1


    何件かのお問い合わせをいただきましたので、ワークブックの内容について、数回に分けて書かせていただきます。


    今回、紙面の関係で、どうしても表現しきれなかった部分の補足も兼ねさせていただきたいと思っております。

    初回は、基本的な考え方を「あとがき」に集約しておりますので、その全文を掲載させていただきます。


    あとがき ~教師の皆さんへ~

    本書は、従来のクラッシックからの視点ではなく、ジャズ・ロックおよびポピュラー音楽の作曲・編曲・アドリブからの視点でピアノ奏法の基礎をとらえたものです。
    楽譜はあくまでも確認用の地図であり、ピアノ用の「手の形と鍵盤と耳の感覚」を養うことに重点を置いております。

    技術的にはトリルと和音(オクターブ)を中心に考えております。
    スケールは「トリルが連続して移動していく」ととらえ、アルペジオは「和音が分散して跳躍していく」ととらえております。
    ゆえに、トリルからスタートし、指の独立を促した後に、同じ調でスケールに取り組みます。 さらに、和音で手の形と跳躍の感覚を身に付けた後に、同じ音形でアルペジオに取り組みます。
    また、ピアノ演奏に最低限必要な「トリル・スケール型=指を軽く握った形」と「和音・アルペジオ型=指を軽く伸ばした形」の「二種類の手と指の形」も自然に身に付き、使い分けもできるようになります。

    実際のピアノ曲も、トリル・スケール・和音・アルペジオの組み合わせのパターンでパッセージが作られています。
    したがって、本書の課題を応用して「発表会等で演奏される曲」の「不得意なパッセージ」に取り組んでいただければ、ただ繰り返すだけの練習に比べて、より効率の良い高い効果が期待できます。

    全体の構成は「肉体の成長・完成度」に合わせて考えられております。
    5度以内の音形を中心に構成された一部では、特にお子さんにとって弾きやすい「白鍵から始まる調=上巻」で学習した後、「黒鍵から始まる調=下巻」に進みます。
    オクターブが届くようになったら、より実践的なニ部へ進みます。 二部以降はチェルニー30番の30・15やバッハ・インベンション等の併用もおすすめいたします。

    本書をレッスンに取り入れていただく場合は以上のことを充分に理解していただいた上で、生徒さんに「今、何のために何をやっているのか。そして次に何につながっていくのか。」を可能な範囲でお伝えください。
    本書が皆さんのレッスンの「良きパートナー」になることを祈っております。

                                    
                                                    
    以上が「あとがき」の全文になります。
    次回より、上記の主旨に従って解説を進めていきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。


    御礼 

    2010/01/18 00:01/Mon | ★ワークブック掲示板(解説・感想・質疑応答)by裕木七瀬  | CM(0) | TB(0)
    表紙red下半分画像_修正のコピー_2
    表紙yellow下半分画像のコピー_3


    ワークブック完成記念の一環で下記の施設に本を寄贈させていただきました。


    関係者の皆様、快く主旨をご理解いただきまして本当にありがとうございます。

    この場をお借りいたしまして皆様に御礼を申し上げたいと思います。


    札幌市中央図書館

    調布市中央図書館

    愛知芸術文化センター 愛知県図書館

    広島県立図書館

    大阪市立中央図書館

    神戸市立中央図書館

    京都府立図書館

    岡山県立図書館

    神奈川県立図書館

    千葉県立西部図書館

    埼玉県立久喜図書館

    徳島県立図書館

    福岡県立図書館

    宮城県図書館

    新潟県立図書館 

    静岡県立中央図書館

    高崎市立図書館

    御船町立図書館

    山口県立山口図書館

    沖縄県立図書館

    守谷中央図書館


    エリザベト音楽大学

    尾道市立久保中学校

    尾道市立瀬戸田中学校

    尾道市立因島図書館

    尾道市立三庄中学校

    興文館書店

                        (敬称略)


    ご尽力いただいたエリザベトのN先生、H先生、K先生、
    尾道のH先生、K先生、O先生、Y先生、
    その他の皆様に心から感謝しております。

    今後とも内容をさらに充実させるべく努力を続けたいと考えております。

    今後ともお力添えいただけたら幸いです。



    ※追記(スペシャルサンクス)

    福岡県立図書館資料課図書係のTK様、わざわざメール、ありがとうございました。

    弁護士のN君、協力ありがとう。 これからも力を貸してください。

    IHO女史、アドバイスありがとうございます。

    タイルアートのNATSUKO様、素敵な表紙をありがとうございました。


    xx HOME xx
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。