カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    第6回19thCLUBアコースティックライブ開催にあたり 

    2011/05/24 16:33/Tue | ★19thCLUB official | CM(0) | TB(0)

    なんでもいい、見物人ではなく自分で動いてみよう、やってみよう。

    下手なほうがいいんだ。笑いだすほど不器用だったら、それはかえって楽しいじゃないか。

    自分が好きな音を勝手に出す。出したい音を出したらいい。

    ~岡本 太郎 の言葉より~

     

    19thCLUBアコースティックライブ、

    音楽の「東京マラソン」を目指して  ~音楽とアートを遊ぼう~

     

    東京マラソンはとても人気の高い市民参加型のシティマラソンです。

    運営方針がユニークで、市民の手で東京がひとつになる「都民のお祭り」を創ろうというコンセプトで都職員と市民団体が協力して企画したそうです。

    コースは、過去から現在そして未来の東京を象徴する「名所巡り」になっており、コース沿道では市民が主体の音楽・ダンス・民俗芸能・屋台村等、様々な催し物が、ランナー応援イベント「東京大マラソン祭り」として繰り広げられます。

    また記録や順位一辺倒ではなく、親子ペアで楽しんで走るファミリーラン、男女10kmラン、障害者10kmラン、外国招待選手、国内招待選手、エリートの部選手、ゲストランナー等、一流アスリートから市民まで、様々な出場の機会があるのも大きな特徴です。

     

    「都民のお祭り」をスローガンに、プロもアマも、ベテランも初心者も、障害を持つ方も、老若男女、全てのランナーが同じコースで走り「大きなシティマラソン」を一緒に創り上げるイベント。

    立場の違うランナーが、それぞれのエントリーで精一杯「走る」ことを楽しむマラソン。

    マラソンを中心に、沿道での市民主体の様々な催し物やパフォーマンスを織り交ぜた地域密着の「お祭り」。

    走るだけではなく、いろんな形で参加ができ、様々な人々が交流できる「市民イベント」。

    東京マラソンはそんなユニークなシティマラソンです。

    東京マラソンの人気を受け、今後、大阪や北海道でも同じようなコンセプトでのマラソンの開催が決定しています。

     

    アコースティックライブは東京マラソンのような自由な環境を目指しています。

    沖縄19thではプロの画家や日曜画家の作品の展示をし、料理も楽しんでいただいています。

    また、19thCLUBが協賛するコンサートや沖縄19thでは、プロのピアニストにも参加していただいています。

    その他、ファミリー連弾やフォーク・ジャズピアノ・ギター・オーボエ・室内楽・バンド等の参加者もいらっしゃいます。

    もちろん、クラッシックピアノでの参加者が一番多く、今後も大歓迎です。

     

    「記録より記憶に残るプレイ」をモットーに、プロもアマも、ベテランも初心者も、老若男女、全ての出演者が同じステージで演奏し「一つの大きなコンサートプログラム」を一緒に創り上げるライブ。

    立場の違う演奏者が、それぞれの立場で精一杯「演奏する」ことを楽しむコンサート。

    ピアノを中心に、様々な音楽や、写真・絵画・映像・舞踊・落語など様々なアートも織り交ぜた地域密着の「文化のお祭り」。

    ピアノだけではなく、いろんな形で参加でき、様々なジャンルや価値観と交流できる

    「19世紀のサロン」のようなイベント。

    アコースティックライブはそんなライブイベントを目指しています。

    現在の開催地は東京、茨城、沖縄。もっと広げていけたら嬉しい。

     

    アコースティックライブは、アートの「お祭り」を目指しています。

    「表現したいモノ」を持っている人々が、思い思いの「個」を自由に形にできるような

    異空間を創り出したいと思っています。

    東京マラソンが記録や順位一辺倒だったシティマラソンの世界に「都民のお祭り」という

    新しい概念を持ち込んで成功したように、規制概念にとらわれない自由なライブを創りたいと考えています。

     

    演奏とは本来「Play=遊び」であるはず。 

    お客様も出演者も一緒に「お祭り」を楽しみましょう。

     

    19thCLUB  裕木 七瀬

     

     

    追記

    今回のプログラムは震災後の状況もあり「子供達」に焦点をあてて作成いたしました。

    震災を機に復興や原発問題をはじめ様々な問題が噴出しております。

    おそらく私達の世代では本質的な解決にいたらないことも少なくないと思われます。

    次世代に少しでも良い状況で引継ができるよう、出来る限りの努力をしなくてはと

    個人的に強く感じております。

    このライブを通じて「次世代を担う子供達」にエールを送りたいと思っております。

     


    スポンサーサイト

    御礼「Play and Pray for Japan」東北関東大震災チャリティーコンサート 

    2011/04/16 00:10/Sat | ★19thCLUB official | CM(0) | TB(0)

    Concert_20110411_Charity.jpg

    ベルギーで開かれた「Play and Pray for Japan」東北関東大震災チャリティーコンサートの報告を主催の
    水本桂女史からいただきました。

    無事、終了し、大成功だったとのことです。

    コンサート終了後はチケットが無い人達まで駈けつけくださり、募金箱に募金を投げ入れてくださったそうです。

    また、出演してくださったアルゲリッチ女史は今回の災害にたいへん心を痛め、日本の皆さんのことをとても案じていたそうです。


    今回のコンサート収益と募金は全額日本赤十字に寄付されるそうです。

    遠いベルギーの地から、音楽による心強い支援のエールです。

    主催者として、お仕事や育児の合間をぬって奔走してくださったピアニストの水本桂女史、本当にお疲れ様でした。

    そして、コンサートに関わってくださった全ての皆さんに、日本人として心からお礼を申し上げたいと思います。

    ほんとうにありがとうございました。



    東北地方太平洋沖地震 

    2011/03/26 12:33/Sat | ★19thCLUB official | CM(0) | TB(0)
    東北地方太平洋沖地震から2週間がたちました。

    本日現在、行方不明も含めると3万人近くの尊い人命が失われ、東北地区の多くの都市が壊滅的な打撃を受けました。

    被災者の皆様には、かける言葉もみつかりません。

    ただただ、被災地の1日でも早い復興を願うとともに、犠牲者の皆様のご冥福を心よりお祈りしております。



    原発に象徴されるように、今回の大震災で考えなければならない課題が多く見受けられるように思います。

    自然の大災害だけで片づけられない違和感。

    大袈裟に言うと、一つの文明史の折返点に差しかかっているような。

    復興にあたり、いずれにしても次世代を見越した上で、一つ一つ従来のシステムを見直していく責務が等しく我々にあると感じております。

    選挙もそうですし、ささいな日常の我々の選択ですら、これからの時代に反映されていくような気がしております。

    「先を考え」「選んでいく」そういった自覚が求められていると思います。

    日常生活から、今までと「違った幸福観」や「違った発展方式」を模索していく必要性を強く感じております。

    大仰な話ではなく、私達の日々の生活の選択一つ一つが積み重なっていくのだと感じております

    一人一人がそれぞれの持ち場で考え、できる努力を継続していくことが肝要かも知れません。

    私個人も微力ではありますが、被災地の復興であれ、今後の日本の問題であれ、自分の持ち場で、できる努力を継続していきたいと考えております。


    裕木 七瀬





    追記、

    ユングさんからいただいた情報ですが、
    ピアニストの水本桂女史が活動拠点のベルギーで
    、「Play and Pray for Japan」東北関東大震災チャリティーコンサートを行ってくださいます。
    マルタ・アルゲリッチ、バイオリニストの堀米ゆずこさん、海老彰子さん、辻本玲さんが賛同して出演してくださるそうです。
    遠い地から日本への心強いエールです。


    水本桂女史 公式ホームページ
    Concert_20110411_Charity.jpg

    Katsura Mizumoto plays Widmung by Schumann/Lisz



    ユングさん関連記事
    震災チャリティーコンサート「Play and Pray for Japan」with アルゲリッチ!

    ユングさんブログ
    のらねこのみたもの

    RaRaさんブログ
    RaRa Piano


    NPO入門講座に行ってきました。 

    2010/10/10 23:10/Sun | ★19thCLUB official | CM(1) | TB(0)
    10月9日(土)守谷市市民活動支援センターにて「NPO入門講座 プログラム」が開催され、19thCLUBからZERKIN=Sさん、カマキチさん、RaRaの3人が参加させていただきました。

    なぜ音楽サークルなのにNPO法人?と思われるかもしれません。

    守谷で5回コンサートを開催し、沖縄でも今年3回目、東京でも講習会やオープンリハ、ジャズごっこなどと活動範囲や活動自体も活発になってきました。
    これらの活動を発展させ継続的に続けていきたいという思いがあること、任意団体=音楽サークルとしての活動では限界が生じてきたため法人化を考えるようになったのです。

    法人にも一般社団法人やNPO法人などあり、違いなども勉強中といった感じなのです。

    まずNPO法人がどんなものなのか。
    本などを読んでも今ひとつ分からないことも多く、そんな折たまたま守谷市の広報でこの講座を知り参加させていただくことになったのです。

    内容は
    NPOって何?
    どういうときNPOにしたら良いの?
    NPO設立手順
    NPOの運営
    NPO設立のケーススタディ

    上記の内容を詳しく教えてくださいました。
    また、実際に地域活動などを経てNPOを立ち上げた方々のお話も聞くことが出来ました。

    こんなに詳しく教えていただけるとは思っていなかったので、本当にうれしかったです。
    おまけに個別相談までしていただきました。
    ・・・なんとありがたい。

    作る際には書類やら何やら大変なようですが、実際は立ち上げた後継続・維持することが大変なようです。
    生半可な気持ちではだめ、でも躊躇してもだめ、まずはやってみる・・・と講師の方々がおっしゃっていたのが印象的でした。

    会終了後19thCLUBの場合の問題点など3人で話し合いお開きとなりました。

    1回目のコンサートを開催した時こんな話になるなんて予想していませんでした。
    5年前には想像していなかったことが形になったり、形になろうとしています。
    大人になっての5年はあっという間ですが、それでも成長しているんですね。
    ゆっくりな感じもしつつ、でも「急いては事を仕損じる」ということわざもありますし、これくらいのスピードがいいかもしれません。

    どんな形になっていくかについて、今は柔軟性を持って対応したいと思っているので、法人化は模索中といった感じです。

    RaRa


    xx HOME xx
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。