カテゴリ
リンク
最新コメント
最新記事
プロフィール

RaRa

Author:RaRa
管理人のRaRaです。
茨城県守谷市にてピアノ講師をしながら楽しい毎日を送っています。

「19th CLUB」(ナインティーンスクラブ)は楽器・ジャンルを問わず音楽を愛する方が集まって活動している音楽同人です。

茨城県守谷市・沖縄県・東京都で現在「アコースティックライブ」「公開リハーサル」「ジャズごっこ」などを行っています。
興味のある方はコメントください。

★コメントは記事タイトル下の「CM」をクリックすると書き込めます。

★19thCLUBはmixiでもコミュニティ活動をしています。
こちらでは音楽はもちろんの事、フィギアスケートやサッカーなどいろんなことで盛り上がっています。
「19th CLUB 大人のピアノ」で検索してください。
皆さんの参加をお待ちしています。

★19thCLUBに関するお問い合わせ先
workbook19th@gmail.com 
info@rara-piano.com

月別アーカイブ
検索フォーム
最新トラックバック
xxINFOMATIONxx
  • RSS
  • New Entries

    スポンサーサイト 

    --/--/-- --:--/-- | スポンサー広告 | CM(-) | TB(-)
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    Chemistry について 

    2011/02/20 04:43/Sun | ★magicdesk journal | CM(1) | TB(0)

    Chemistry について


    t02200284_0249032210951820121.jpg


    お風呂に入
    っていたら

    なぜだか「Chemistry」について

    考えが浮かんできたので

    書いておこうと思います


    といっても

    J-Popの「ケミストリー」のことでは

    ないので

    お気をつけください


    20年以上も前のこと

    ニューヨークで英語を勉強していたころ

    「Chemistry=化学」という言葉に

    「相性」という意味があることに

    気づきました


    「オレ、あいつとはどうも話が合わないんだよね」

    「それって相性の問題でしょ」

    というような場合


    "Don't worry, it's just chemistry."

    という感じで使われていました


    それから20年以上がたち

    先日、中学の化学の教科書を

    読む機会がありまして

    「合金」というものを学びました


    ある物質に別の物質を化合させると

    元の物質が固くなったり

    曲がりやすくなったり

    するというのです


    これを読んで

    人間にもこういうことはあるな~

    と、そのとき、思ったのです


    私は非常に優柔不断で

    判断の遅い人間なのですが


    ある友人といっしょだと

    ものすごく意志堅固で

    判断力のある人格になれるのです

    (客観的にどうかは別にして…)


    これは私と彼との Chemistry

    がいい感じに働いてる

    せいではないでしょうか


    「私」という元素に

    「彼」という別の元素を加えると

    「私」の性質が変化して

    別の「私」が生まれるのです


    これはまあ仕事上の話ですが

    恋愛でもしこうした Chemistry が働く

    ような相性をもつカップルは幸せですね


    「Chemistry=化学」は

    あるものとあるものをかけ合わせて

    金を創り出そうとした

    錬金術から発達したのだと

    聞いたことがありますが


    もし「人」と「人」をかけ合わせて

    かけがえのない別の人格=金

    が、できあがるのであれば

    これもまた錬金術といえるでしょう


    そうなったときには

    Chemistry=相性は

    Alchemy=錬金術となるのです


    宗教や哲学などは

    いわばそうした alchemy のための

    教科書なのではないか


    早朝のお風呂で

    思った次第です




    magicdesk   Okajima



    ameblo.jp/magicdesker/

    magicdesk-journal.blogspot.com/

    www.magicdesk.co.jp




    スポンサーサイト

    トランスクリエーション 2 

    2010/09/28 06:05/Tue | ★magicdesk journal | CM(1) | TB(0)

    トランスクリエーション 2


    20050822-ev_hall.jpg


    先日、仕事の打ち合わせで
    外資大手メーカーを訪ねたとき
    ミーティングルームに行くために
    エレベーターに乗ったのですが
    締まったドアにシールが貼ってあり
    こんなことが書いてありました。

    Silence please.  会話はひと休み

    眺めながら、
    「いい訳だな~」と感心。

    トランスクリエーションの好例
    といえるのではないでしょうか





                              
    magicdesk   Okajima


    http://magicdesk-journal.blogspot.com/

    http://www.magicdesk.co.jp


    トランスクリエーション 

    2010/08/31 00:10/Tue | ★magicdesk journal | CM(1) | TB(0)

    2010/08/03

    トランスクリエーション


    翻訳を勉強しはじめたころから
    どうも頭にひっかかっていることがあり
    それをどう言葉にしたものか
    うまい表現が見つからなかったのですが

    最近、仕事をするようになった
    ロンドンのある会社からのメールのなかに
    それを表すちょうどいい言葉が見つかりました。

    それが「Transcreation(トランスクリエーション)」です。

    まずこの言葉についてですが
    translation=翻訳」と「creation=創造」という
    二つの言葉の造語です。

    意味はつまり
    「翻訳なのだけれど創作」ということでしょう。

    例を挙げて説明してみましょう。

    内容をわかりやすくするため
    ちょっと極端な書き方をしますね。

    <例1> 英語日本語
    原文=Thank you
    翻訳=ありがとう(直訳 あなたに感謝します)
    トランスクリエーション=嬉しいわ

    <例2> 日本語英語
    原文=ありがとう(「有難く」のウ音便化)
    翻訳=Thank you 直訳 It rarely happens.
    トランスクリエーション=You’re great.

    もちろん翻訳として
    Thank you」は「ありがとう」ですし、
    「ありがとう」は「Thank you」です。

    けれど、映画などの字幕を見ていてわかるように
    Thank you」を「嬉しいわ」とした方が
    ぴったりくる場面がありますし
    「ありがとう」が「You are great!」となる
    場面もあります。

    この「ぴったりくる」が
    トランスクリエーションの
    一番の存在理由です。

    そしてこの「ぴったりくる」を
    一番必要としているのは
    学術研究や文学の世界ではなく
    ビジネスです。

    外資系企業などで
    ローカライズの仕事を何年か担当された方なら
    トランスクリエーションの必要性を
    たぶんわかっていただけるのではないでしょうか。

    外国製ソフトウェアのマニュアルや
    製品説明の日本語を読んで
    言葉はわかるのに内容がほとんど頭に入ってこない
    といった経験があるのは僕だけではないでしょう。

    そんなことになってしまうのは
    そうした資料が原文に寄り添った
    忠実な翻訳であるからです。

    翻訳は原文に忠実でなければいけません。

    これが翻訳を学びはじめてから
    ずっと僕の頭にひっかかっていたことです。

    この忠実さは翻訳をやる以上
    絶対的なルールなのですが
    ここから「ぴったりくる」自然さは
    生まれにくいのです。

    忠実に原文に寄り添うことによって
    原文に宿っていた生命が抜けてしまうことが
    あるのだと思います。

    トランスクリエーションは
    そうした悩みを解消する
    翻訳の在り方を表した言葉
    なのではないかと
    僕は考えています。

    ちなみにウェブを散歩していたら
    こんなふうにトランスクリエーションを
    紹介しているブログがありました。


    ご参考までにblog.alaya


                              

                              
    magicdesk   Okajima


    http://magicdesk-journal.blogspot.com/

    http://www.magicdesk.co.jp



    フーガについて 

    2010/07/28 02:34/Wed | ★magicdesk journal | CM(0) | TB(0)

    フーガについて





    もう10年以上も前のことですが
    新聞でグレン・グールドについての
    記事を読みました。

    フランス文学者の広津和郎さんが書いた
    記事だったような気がします。

    グレン・グールドの弾くゴルトベルク変奏曲を聴いて
    「こんなバッハがあるのか」と驚いた
    という内容でした。

    それで興味が出て
    グールドのゴルトベルク変奏曲のCDを買い、
    さらにみすず書房の『グールド著作集』を買ってきて、
    かなり楽しみました。

    グールドのゴルトベルク変奏曲の録音は
    ご存じのように若い時のやつと死ぬ直前とやつと
    2枚あるのですが

    それも後で知って
    あわてて2枚目の方も買い足しました。

    個人的には2枚目の方が好きです。

    ところでグールドの演奏を聴き
    書いたものを読むうちに
    世の中には「フーガ」という
    音楽形式が存在するのだ
    ということを覚えました。

    「フーガ」を簡単に説明しますと
    同じ旋律(音型)が転調されたり
    長く引き伸ばされたりして
    展開される音楽です。

    同じメロディを一音も変えずに
    声部を変えて展開していく音楽形式に
    「カノン」というのがありますが、
    「フーガ」はこれよりずっと自由です。

    バッハの曲で「パッサカリアとフーガ」
    というのがありますが、
    「カノン」同様の厳格さを要求される
    「パッサカリア」が終わったあとで
    出てくる「フーガ」の冒頭は
    まさに鎖を解き放たれた囚人の
    喜びに満ちています。

    余談ですが
    有名な「トッカータとフーガ」の場合は逆で、
    勝手気ままな「トッカータ」のあとに
    形式を感じさせる「フーガ」が出てきますので、
    こちらはきかん坊の子供が
    学校に入れられて
    分別をつけられたような感じに
    僕には聞こえます。

    さて、本題の「フーガ」ですが
    バッハのいたバロック時代が終わったところで
    その命は断たれた

    と僕は考えています。

    というよりも、
    そう、感じております。

    ロマン派の作曲家も
    現代の作曲家も
    みんな「フーガ」を書いていますが
    どうも「フーガ」らしい響きではない
    ような気がするのです。

    そこで以下、
    ショパンや、モーツァルトや、
    ベートヴェンの書いた「フーガ」を
    お聞かせしながら

    その感じをなんとか
    お伝えしてみたいと思います。

    まずショパンの書いたフーガ。

    これは思うに
    「ちゃんとフーガのように聴こえる曲」です。 

    「フーガのように聴こえる」というのは
    僕にとって「バッハのように聴こえる」という意味ですが、
    まあ聴いてみてください。 

    イ短調フーガです。 


    ショパンが上の曲をつくるのに参考にした
    (と僕が勝手に思っている)バッハのカノンです。

    この曲の響きが僕は好きなのですが、
    どこか不安定な中世的なサウンドです。

    フーガの技法から「Canone IV



    これにくらべてモーツアルトはこんな感じ。

    「幻想曲とフーガ」(プレリュードとフーガ?)ハ長調です。
    フーガの部分だけどうぞ。 
    最後はベートーベン。
    ソナタop1103楽章です。
    フーガは中間部と最後部。
    フーガのテーマは最初と最後で鏡像関係にあります。
    ピアニストはグールドです。
    フーガのところだけどうぞ。

    どうですか?
    ショパンの方が(習作ながら)
    フーガらしく聞こえません? 

    僕の耳には
    モーツアルトとベートーベンの方は
    単一テーマの上に
    ただフーガ風のバリーエーションを
    載せているだけのように聴こえます。

    そのせいでテーマがあくまでも主役で
    あとはわき役、
    メロディと対位法的な伴奏になっちゃっている
    ……といえば言いすぎでしょうか。 

    最後は
    グールドがふざけて書いたフーガ。
    これはバッハの模倣ですが、
    しかしいかにもフーガらしい響きです。

    タイトルは「フーガを書きたいの?」
    フーガを書きたければ、ほら、書いてごらん、
    というような歌詞です。


    フーガは同じ旋律を
    対位法で(カノンの厳格さと比べて)自由に
    反復展開していく形式ですが、
    きれいな響きで感動を与えるものを書くのは
    やはり一筋縄ではいかないようです。 

    おまけとして、
    ヒンデミットのフーガをひとつ。
    これは結構気にいっています。
    響きというよりもフレーズがかっこいいから。


    皆さんもどうぞ自作のフーガに挑戦してみてください。
    けっこう遊べますよ。 

    ああ、そうそう、
    結局のところの結論としましては、
    こうなります。 

    バッハの息子のエマニュエルの時代には
    もうフーガの魂ははかなく消えてしまい、
    あとは形式だけが残ったということです。

    ショパンはうまく作っていますが、
    「フーガってこんな感じかな?」という書き方です。
    あくまでも、私見ですが




                                        
    magicdesk   Okajima


    http://magicdesk-journal.blogspot.com/

    http://www.magicdesk.co.jp/



    xx HOME xx
    Copyright © 19th Club アコースティックライブ All Rights Reserved.
    Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。